2012年07月22日

時間の歩き方 2 / 榎本ナリコ



時間の歩き方 2 / 榎本ナリコ / 朝日新聞出版

コミックス第2巻です。1巻のラストに出てきた「遇太がタイムトラベルをしている理由」についてのさらなる展開を期待していたら、脱線して「重大な規則違反を犯して時間刑務所に収監されている小説家の話」でした。これはこれで切なくて良い話ですが、やっぱり本筋が気になるところ。なお、小説家の話の中で、本作の時間に関する設定がいろいろ解説されています。今後、そのへんが展開に関わってきそうです。
posted by まつもとかなめ at 22:47| 漫画