2012年11月20日

海の娘が生まれるところ / 山本瑤



海の娘が生まれるところ / 山本瑤 / 集英社コバルト文庫

由緒ある家系に生まれた少女・藤原蒼子。いたって普通の高校生だった彼女はある日、幼い弟を事故で失います。そして弟を溺愛していた母に拒絶された蒼子の体には、ある異変が起こり、「神頼みをしてはいけない」との祖母の言葉が蘇ります。それでも弟を取り戻すことを願った蒼子のもとに、謎めいた青年が訪れ、彼女は「根の国」へと足を踏み入れたのでした。謎の青年ハチを案内人に、時折現れて何やら絡んでくる男・紫鬼を相手にしながらの蒼子の旅。この旅の間に、彼女は自らの心と向き合うことになります。

淡く静かに時が流れていくような雰囲気の話でした。恋愛描写はありますがかなり薄め。イラストは話によくあってます(私はナルタキが好き)。この世界の話をもっと読んでみたいです。
posted by まつもとかなめ at 22:55| 小説