2012年12月03日

幽霊伯爵の花嫁 ―彷徨う少女と踊る髑髏の秘密― / 宮野美嘉



幽霊伯爵の花嫁 ―彷徨う少女と踊る髑髏の秘密― / 宮野美嘉 / 小学館ルルル文庫

「墓守」であり「幽霊伯爵」と呼ばれるジェイクの元に嫁ぎ、新婚生活を満喫中の最強美少女サアラの物語第6巻。ジェイクか仕事の礼としてもらってきた織物で、服を仕立てることにしたサアラ。ところが、ユマという仕立屋の名前を耳にしたとたん、コルドン伯爵家の人々は何かぎこちない雰囲気に。さらに(今回もツンデレの)アシェリーゼも何かを知っている様子。そんな反応をものともせず、サアラはユマに仕立てを依頼しますが、その帰り道、馬車の中に幽霊の少女が飛び込んできたのでした。

ジェイクを父と呼ぶ幽霊の少女に対して母親宣言をしたサアラ。さらに彼女は何やら隠し事をしているジェイクを差し置いて、幽霊の少女の秘密を暴くために動き始めます。そしてサアラは、コルドン伯爵家の人々が口をつぐんでいた過去のある出来事を知ることに……。

サアラ、ジェイク、エリオス、アシェリーゼ、ユマと、登場人物の過去がいろいろ明らかになった一冊でした。なお、このシリーズは次巻で完結予定です。
posted by まつもとかなめ at 20:40| 小説