2012年11月17日

小説ウィングス 2012年秋号



小説ウィングス 2012年秋号 / 新書館

季刊「小説ウィングス」の最新号です。
本編完結の「姫君返上!」の番外編「花嫁合格!」がお気に入り。今回はジークの結婚の話でした。そのお相手は、元侍女で今は皇帝付き女官のマーリです。いつも腹黒いジークですが、今回もこれまた腹黒い。十三年がかりの遠大な計画でした。
posted by まつもとかなめ at 21:28| 小説

2012年11月03日

紅林檎姫と七人の悪党 / 千野桃



紅林檎姫と七人の悪党 / 千野桃 / 一迅社文庫アイリス

森の国の民に「深紅の林檎姫」と噂される姫ルビー。しかし彼女には、雪の女王によって「世界一不幸になる呪い」がかけられていました。そして十六歳の誕生日、林檎を喉に詰まらせて気を失ったルビーは、森に捨てられたガラスの棺の中で目を覚まします。そんな彼女を見つけたのは、白馬に乗った王子様……ではなく、粗野で乱暴そうな男リオン。彼は多額の賞金がかけられている「7人の悪党たち」の首領でした。

リオンに加えて、態度の軽い詐欺師ジェナ、モグリの医者ステファン、元暗殺者のアリ、スリが得意な双子の兄弟キャス&ポリー、そして物腰の柔らかな魔術師サリヴァン。森に潜むなにやら訳アリの「悪党一味」にとらえられたルビーでしたが、次第に気が強くて可愛い気のない本性が出てきて、いつの間にか「悪党たち」の主導権を握ってしまうのでした……。

「真実の鏡」と「青い小鳥」がなかなか良い性格してます。ルビーとリオンの掛け合いも楽しかったですが、他の悪党たちの出番が少なくて残念です。もっと主人公たちに絡んできて欲しかったところです。
posted by まつもとかなめ at 18:30| 小説

2012年10月21日

詐騎士 4 / かいとーこ



詐騎士 4 / かいとーこ / レジーナブックス

シリーズ第4巻。カバーイラストはドレスを脱ぎ捨てているルゼです。

魔族からの贈り物の竜に乗ってデートのようなものをしてみたり、招かれたパーティーで酔っぱらって説教したり、ウサギ型獣族のラントちゃんをもふもふしたりしながら、「淑女」としての日々を送るルゼ。そんな中、ギルネスト王子は北方からの要請により、急遽、魔物退治のために都を空けることになります。この隙を狙ったかのように、ルゼに重大な情報がもたらされ、彼女はある賭に出ることに……。

カバーイラストの通り、ドレスを脱ぎ捨てたルゼの無双が見られるシリーズ最新巻です。もちろん、そこに至るまでもいろいろ楽しいです。被害者はラントちゃんとかバーナー(笑)とか。一方、北に出張中のギルは、ゼクセンとティタンのおかげで歴史に名を残す偉業を、不本意ながら成し遂げてしまいました。その報償はギルが見たくもなかったある物……。と、それぞれ一大転機を迎えたルゼとギル。次からは登場人物が増えての新展開の予定です。
posted by まつもとかなめ at 18:00| 小説